あぶり餅

○あぶり餅/一和(今宮神社東門前)

・京都市北区紫野今宮町69
 電話075(492)9402

・時は平安時代の994(正暦5)年。疫病が流行し、
 一条天皇が今宮神社で悪疫退散の祈願をして、この
 あぶり餅を神前に供え、持ち帰って食べた事に始まる。
 一和の創業は1000(長保2)年。たぶん紫式部や
 清少納言、安倍晴明や藤原道長など、平安時代の
 有名人も食べたと思う。長さ15センチ位の竹串に
 親指の頭大の餅を刺して炭であぶり、甘い白味噌の
 タレをつけて食べる。

posted by 亀松亭 at 16:56 | Comment(28) | TrackBack(0) | 京都ひと口メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。